猫は強い。 - ホルピア/ホルピアフル

    ホルンとピアノ ~姉妹猫の優雅な日常~11th

    キジシロそっくり双子猫のホルンちゃんとピアノちゃん&新入りフルートちゃんのブログです。

    猫は強い。

    実は、ここまでの記事の写真はすべて震災前のもの。

    震度5に見舞われた都内。
    ホルピアは、人間たちが帰り着くまでの間、
    強い揺れでいつもと家の中も変わってしまって、怖い思いをしていたと思う。

    1
    『もう落ち着いたよ』

    強めの余震が続くので、毎晩ホルピアといっしょに寝るようにしている。
    なぜなら、寝室がいちばん安全だと気づいたから。
    (震災のとき、いちばん変化がなかったのが寝室だった)

    2
    『日なたぼっこ好き~』

    もしも避難生活になったら、猫連れでやっていけるだろうか。
    動物を飼うのももしかすると贅沢のひとつなんだろうか?
    私はホルピアのおかげで、休まず会社に行けるようになったのに。
    いざとなっても、ホルピアと離れたりできない。
    他人に頼らず生きていく道を考えておいたほうがいいんだろうか。

    4
    『人間は悩みが多いよね』

    まあね・・・。

    人間たちはずっと揺れているような気がして落ち着かない。
    ホルピアは地震のストレスはないのだろうか。
    揺れると逃げまどうけど、そのあとはすぐ膝に乗ってきてリラックスするね。

    早く被災地の皆様に平穏が訪れますように。


    ↓ ランキング参加中です。ちょいちょいッとヨロシクお願いします!
     にほんブログ村 猫ブログへ 人気ブログランキングへ blogramへ
    ※ 首都圏の皆様、できる限り節電にご協力お願いします。
      また、停電→通電の際の火災予防にご注意ください。


    関連記事

    2 Comments

    pitomi  

    まいにゃんこさん、こんにちは。
    今回の災害で、本当に色々と考えました。
    いざという時のニャンコとの避難生活のこと、果たして避難するにしても、部屋の隅やベットの下等に隠れてしまうだろうからすぐに捕まえられるだろうか、とか・・・
    もし避難する場合、家族の一員だから一緒に連れて行きたい!でも連れて行って受け入れてくれる場所とかすぐにはないだろうし、とか。
    一応、ニャンコ用の避難グッズも用意しています。
    東北関東大震災で被災された方々の力になれること、私に出来ることは何か考えながら復興を祈っています。

    まいにゃんこ  

    pitomi様
    横浜は停電エリアがあるようですが大丈夫ですか? 震災当日もご無事でしたか? 地震も津波も原発も、悪夢のようなことが現実に起こっていていまだに信じられないです…。被災地の一日も早い復旧のためにできることをしなければ

    • 2011/03/23 (Wed) 19:27
    • REPLY