仲良くはぐはぐ。 - ホルピア/ホルピアフル

    ホルンとピアノ ~姉妹猫の優雅な日常~11th

    キジシロそっくり双子猫のホルンちゃんとピアノちゃん&新入りフルートちゃんのブログです。

    仲良くはぐはぐ。

    ほるぴあは生まれたときから今まで6ヶ月間、離れたことがない。

    1
    『はぐはぐ。フリスキーおいしい』
    『アイムスもおいしいよ。はぐはぐ』
    (左:ピアノ、右:ホルン。すごい勢いなので写真がブレていますがご了承ください)

    さいきんは、丸太ベッドの上段下段や、ケージの2階3階など
    バラバラに寝ているようで、すこしさびしい。
    牧猫犬は、「ふたりとも体が大きくなってきて
    いっしょに寝るスペースがないのでは」と心配している。
    もっと寒くなったらまたくっついて寝るだろうか?

    2
    上から見た図。

    やっぱりホルンちゃんのほうが骨太というか、すこし大きい気がして、
    そろそろ食器をひとりひとつに分けようか悩んでいます

    3
    『ホルンちゃん食べすぎだよ』
    『ピアノちゃんこそフリスキー狙いすぎじゃない?』

    仲良さそうに見えて、じつはそんなこと思っているのだろうか。。。
    思春期だからなぁ。

    食器を分けたほうが争わずに落ち着いて食べれるんだったら、分けようかなあ。
    (でも1つずつ分量をはかるのが面倒なのじゃ)

    食欲の秋。たくさん食べて、大きく育っておくれ!!
    ライオンになってくれるといいなあ

    ↓ ランキング参加しました。ちょいちょいッとヨロシクお願いします!
     にほんブログ村 猫ブログへ 人気ブログランキングへ
    最初は銀のスプーン子猫用と、保護宅でいただいたごはん(名前忘れた)の大人用を食べていた。
    うちに来てすぐの頃は、とにかく知らない人間がこわくて食べるどころではなかった。
    人間がそばにいなくなると、カリカリ音が聞こえて「あぁ食べてるんだなあ」と思ったくらい。

    徐々にうちに慣れてきてから、食器にいっぱい盛って、とにかく食べてもらうようにした。
    そしたらよく育ってきて、ふたりとも2.5kgくらいになった。
    「ん? 大きくなりすぎかな?」という気がしたので、さいきんは分量をはかるようにしました。
    メディファスの子猫用をコジマで試供品としてもらい、あげてみたらよく食べたので、
    600gのを買ってみたり。
    たまにモンプチをあげてみたり。

    そんなホルピアは、今はアイムスの子猫用と激安フリスキーミルクミックスを食べている。
    一日2回の食事で、1回分はアイムス100g、フリスキー50gの割合(ふたり分)。

    アイムスは、獣医さんオススメなので良いかと思って。
    ちょっとお高いが、3kgのを買ったら割高感がなかった。
    フリスキーは安さに負けただけ。でもとてもおいしいらしいです。

    あこがれのロイヤルカナンはやはりちょっと高いので、
    試供品などいただけるととても喜ぶ(わたしが)。

    ホルピアは、成長期でおなかがすくのか、なにをあげても拒まない。
    今となっては人が近くにいようと、気にせず食べる。
    もりもり食べる。あっという間にお皿がカラになる。
    よい子たちです。
    もうちょっとお水を飲んでほしいかなあ。
    関連記事

    0 Comments