耳でわかる。 - ホルピア/ホルピアフル

    ホルンとピアノ ~姉妹猫の優雅な日常~11th

    キジシロそっくり双子猫のホルンちゃんとピアノちゃん&新入りフルートちゃんのブログです。

    耳でわかる。

    寒くても、ホルンはひざに乗らない。
    牧猫犬の足元にもぐりこむか、ひとりでソファに乗るか。

    5
    『いつのまにかフリースを掛けられました』

    眠そうにしていても、人が動くととたんに目が開く。

    6
    『それはお菓子を開ける音!!』

    めざといというか、耳ざといというか・・・

    いっぽうピアノは、ひざに一直線に飛び込む。
    そして寝る。

    7
    『すやすや』

    牧猫犬が近寄っても平気。
    気分がよければ指チュッチュをはじめます。

    8
    『あ、やな予感』

    耳がうしろに向いてるときは、警戒しているとき。

    9
    『なんだ、人間がお菓子のごみ捨てただけか』

    ホルンのほうが野生味が残っているんでしょうか。
    ピアノはすっかり家猫??


    ↓ ランキング参加中です。ちょいちょいッとヨロシクお願いします!
     にほんブログ村 猫ブログへ 人気ブログランキングへ
    関連記事

    2 Comments

    pitomi  

    ホルンちゃん、お目々クリクリで益々美しくなりましたね。
    ホルンちゃんがお姉さんの役割で妹のピアノちゃんを守ってきたのかな~うちの子も4年一緒に暮らしていても、逃げ腰でコソコソしている時があります・・・
    こちらが無視していると自分からスリスリとにじり寄って来るのですが、猫の気持ちは複雑ですよね。
    でも毎日元気でいてくれることが私の一番の望みです。

    まいにゃんこ  

    pitomi様
    ホルンちゃんはすっかり大きく、
    立派に遠吠えしたり高いところを征服したりしています。
    ピアノちゃんはいまだに指チュッチュをして、
    子供っぽい部分もあります。
    でもごはんはいつもピアノちゃんが先!
    本当はどちらがお姉ちゃんなのかわかりません・・・。
    警戒心があるくらいのほうが、猫としては正しい姿でしょうから
    逃げ腰は人間にとってはちょっとさみしいですが
    元気な証拠だと思いますヨ。

    • 2010/03/17 (Wed) 20:17
    • REPLY