ホルンとピアノ ~姉妹猫の優雅な日常~

    ホルンとピアノ ~姉妹猫の優雅な日常~

    キジシロそっくり双子猫のホルンちゃんとピアノちゃんのブログです。

    あったかい場所

    秋ですね。
    お天気がよくてカラッとして、
    過ごしやすい気候です。

    通勤時にチェックしてると、お外でひなたぼっこする猫さんも
    多い季節ですね。

    我が家の猫たちも
    それぞれ好きな場所でひなたぼっこしたり
    お昼寝したりしてくつろいでいます。

    1

    枕を占領するピアノちゃん。
    日中は寝室がいちばんあたたかいので
    ピアノちゃんはここがお気に入り。

    2

    長時間いると暑くなるので
    おててをのばしてクールダウン。

    3

    黒豆肉球が密集しています。
    なんておいしそうな・・・(じゅるる)

    4
    『食べないでくださいねー』

    さて、あたたかい場所には集まるのが猫さん。

    5

    フルートちゃんも寝室が好きです。

    6

    お布団や毛布が好きです。
    ふかふか好きな猫に育ちました。

    7

    もう野生に戻れないね・・・。

    ひも派

    昨日の記事で笹団子を食べていた人間たち。
    笹団子は笹で包んだのを紐でくるくると巻いてあるんです。
    で、毎回その紐は猫たちに大人気なのですが、

    12

    さっそく食いつくフルートちゃん。

    13
    (臨場感重視)

    14

    おや、フルートちゃんも集中すると寄り目になるの?

    15
    (臨場感重視 その2)

    16

    このあと、紐を猫じゃらし代わりに遊びました。
    飛びつくフルートちゃん、ダッシュするピアノちゃん、手が出るホルンちゃん。
    3者3様で楽しみました。


    笹団子

    新潟の笹団子を入手しました。

    わたしね、よもぎもちが好きなんですよ。

    小さい頃は祖父母の影響で当たり前に食べていたけど
    おとなになると和菓子自体、全然食べる機会がないんですよね~。

    6
    『隙あり!』

    ピアノちゃん。
    よもぎには興味がなく、笹に魅かれるようです。

    7
    『がぶ』

    あらま。

    8

    山椒にも反応する子だけど、笹もいいにおいなの?
    またたび系の何かがあるんでしょうか。

    9

    け、けっこう舐めますね。
    そろそろ終わりにしましょう。

    10

    どらやきや大判焼きなどの粉物が好きなホルンちゃんは、
    笹団子には興味がないようでした。


    ごはん事情

    さいきんのホルピアフルごはんの悩みを告白します。

    フルートちゃんの尿検査をした際、アルカリ性で結晶も出ていたので
    わたしはあわててサプリを探しました。
    子猫は下部尿路対策ごはんにすると、マグネシウムが足りなくなるといわれたので
    ごはん以外で対策しないといけなかったのです。

    で、いろいろ探した結果、フルートちゃんは免疫系も弱いので
    乳酸菌を飲んでもらうことにしました。
    乳酸菌はピアノちゃんの歯肉炎対策も兼ねています。
    ホルンちゃんの嘔吐対策に消化酵素のサプリも購入しました。

    で、ウエットの総合栄養食か一般食に2つのサプリとお水を混ぜて
    食べてもらう作戦です。
    フルートちゃんはなんなく食べてくれました。

    しかし、ホルンちゃんはウエットを食べません。
    小さい頃は食べたんですが、動物病院に入院して点滴した際に
    「これはイヤなもの」と認識したらしく、それ以来ほとんど食べなくなりました。

    3

    ちなみにこのサプリ、まずは一日量の半分からはじめています。
    (適当なときもあるけど)
    まだ効果は感じられません。
    が、ウエットにさらにお水を混ぜるので以前より飲水量は増えたようで、
    フルートちゃんの2度目の尿検査では弱酸性になっていました。
    よかった!

    4

    で、悩みというのは、
    このサプリ入りごはんを準備するのに時間がかかるため、
    準備のジャマをするフルートちゃんはケージに閉じ込められ
    さらに食べるのが遅いピアノちゃんの分を食いしん坊フルートちゃんから確保するため、
    みんなが食べ終わるまでフルートちゃんはケージでガマンしないといけないこと

    で は な く、

    ホルンちゃんがサプリを「あやしいもの」と認定して一切食べてくれないこと。

    5

    とても敏感で、とても警戒心が強く、とてもデリケート。
    ごはんを変えてもダメ、カリカリに混ぜてもダメ、お水に混ぜてもダメ、
    そんなとても難しいホルンちゃんにもなんとかサプリを摂ってもらいたい。

    でも変なことをすると食べること自体を拒否してしまう・・・。
    (強制とか絶対ダメ)

    こんな子に育てた人間が悪いのです・・・。
    というかホルンちゃんはわたしをとても慕ってくれるせいか、共通点が多い。
    そしてこちらの考えを察してしまうので、企みがバレやすい。
    (悪い企み事をしているわけじゃないんだけど)

    まあそんなこんなで、1か月ほど困っています。
    ホルンちゃんの嘔吐は、特にペースが上がったわけではないと思いますが
    加齢とともに消化力は落ちてきた気がします。

    書きながらふと思ったのは、
    無味無臭で溶けやすいサプリにすればいけるかも・・・ということ。
    サプリを変える方向で考えるか・・・。

    ちなみにホルピア、12月にワクチンついでに健康診断します。
    前回、なぜかふたりそろってリンが足りない(ほかのミネラルは普通)と言われ
    下部尿路療法食からふつうのごはんに変えて改善されたか気になります。


    巨大?

    フルートちゃん。
    アップ写真でお送りします。

    25

    去勢手術を終えて、
    傷口もだいぶ目立たなくなってます。
    若いと治りが早いですね。

    26

    当初はどんな生き物になるかと思ってましたが
    わりとふつうの猫に育ちました。

    まだちょっとお顔が大きいんですけどね、
    手足も大きめ、体はぷっくり。

    27

    280gの毛玉だったのが、
    こんなにちゃんと猫になるんだなあ。

    自力でごはんもトイレもできなかった毛玉が・・・。


    28
    『そんなことありました?』

    もう子猫じゃない・・・。